本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

追加メーターの取付additional meter

Defi Link Meter BFを取り付けます

種類はブースト計、油温計、油圧計の3点

BFは60Φしか販売されていませんので当然サイズは60Φです
メーターパネルはBORDERのZ32用FRP製フードメーターパネル(カーボンもあり)です
もう一つはTRUSTのZ32用ABS製ピラーメーターパネルです

取付け位置が4箇所でメーターが3点だと1箇所「空き」があります
当初、既に取り付けているテクトムの水温計を設置しようと思いましたが・・・途中で気付きました
ピラーメーターパネルの下側とフードメーターパネルの右側が干渉するということに・・・(涙)
そんな訳で・・・


バッサリ切ります!!

まぁ今更買い換える予算もありませんしね・・・
切断面を整えたり、少し削りたい場合にリューターがあると便利です

100均で¥800程度で販売されていますし、ビット類も豊富で、しかも¥100です
平らになってる部分2箇所に穴を開けます

取説では3mmの穴と記載されていますが、3mmのドリルで開けると3mm以上の穴が開きますので、ここは2mmのドリルで開けます
相当小さいです

しかし、固定はタッピングビスですし、メーターパネルの材質もABSですから問題ありません
ピラーメーターパネルを純正のAピラーに合わせ、マーキングしてから穴を開けます

ついでにメータ配線用の穴も開けます
メーターに付属しているメーターハーネスです

長さは25cmで全然長さが足りません

オプションで長さが選べますが全て有料です
そんな訳で・・・


またまた
バッサリ切ります!!
ハンダと収縮チューブでしっかり接続します

配線は捨てられる寸前のナビ用ですが、メーターハーネスは直径約2mmなので、延長した配線の方が少し太いです
フードメーターパネルの左右メーター間用とフードメーターパネル右側からピラーメーターパネル間用を製作しました
とりあえずスパイラルチューブを巻いておきます
メーターの固定方法を考えます

基本的には付属のメーターホルダーによる取付けしか考えられていません

メーターホルダー下側の穴は、マウント用の取付金具と結合させてるためのもので、メーターを締め付けて固定するなどの機能はありません
メーターとホルダーの固定は、メーターにモルトプレーンというスポンジと、真ん中の窪んだ部分に両面テープで行います

ハッキリ言ってメーターパネル類に装着するには汎用性が低いです
フードメーターパネルは取付金具に固定する部分が干渉するので加工します

ついでにハーネス差込口を直線的に差し込めるように加工します
こんな感じです

メーターフードパネルのメーター取付部裏側は凸凹してますので、それに合わせて削る必要があります
ネットで色々情報収集しましたが、有効な固定方法がありません

通常パネルの穴をメーターより少し小さく加工しギチギチで差し込んでいるだけのようです

そんな訳で恥ずかしい方法をドーンと公開

ホットボンドです(笑)
メーターとホルダーの固定はモルトプレーンを巻くことにより相当強固になります

メーター取付口裏側の凹凸に合わせて削ったことによりホルダーを深く差し込めます

メーター本体にはホットボンドが付着しないようにしました

とりあえず・・・良い子はマネしちゃいけません!!
油温と油圧を取り出すためのセンサー設置はJURAN製オイルセンサーアタッチメントを使用しました

サイズはSで、マーチなどと共通ですからマーチ用のオイルフィルターが使用できますが、高さが1cm程度短いだけで値段も同一でしたので通常どおりとしました

でも・・・下回りの1cmは大きいですので車高が低い方はチョイスするのも有です
オイルセンサーアタッチメント固定用のセンターボルトもJURAN製です(当たり前)

サイズは「3/4-16」です
こちらの面が下側です

オイルフィルターの取付面になります
こちらの面が上側です

エンジンとの接合面になります
イモネジ(黒い方)2箇所を使用します

アタッチメント自体はテーパーではなくフラット穴です
金色が油温センサー、銀色が油圧センサーです
シール材は色々検討しましたが最終的にはシールテープにしました

液体パッキンは様々な種類が販売されていますが、エンジンオイルに使えるもので、アルミや真鍮に悪い影響を与えない製品を見つけられませんでした
こんな感じで巻きます

本来は最初の2〜3山巻かないのが常套手段ですが、テーパーということとネジ山が少ないことからこのような状態になりました

くれぐれもネジ山より先に巻かないようにしましょう

オイルの詰まりの原因になる可能性があります
使用しないボルトにも一応巻きます

パッキンが付属しているので不要な気がしますが、練習のため巻いてみました
アタッチメントにセンサーを取り付けるとこんな感じになります
配線の引き込み用の穴を開けます

芝爺号はATのため、クラッチマスター用の位置にメクラ蓋がしてあります
エンジンルーム側から斜めにドリルを当てて穴を開ける方が多いですが、私は車内側から開けました

オートマチックポンチで目印を付け、4mmのドリルで穴を開けます

穴が開いてしまえばサイズを大きくするのは簡単です
ユニビットドリルがあると便利です

最終的には12mmの穴を開けました
エンジンルーム側から見るとこんな感じです
最終イメージは、このようにグロメットで配線の防振と保護を行います

ちなみに・・・最初にグロメットを装着するとコネクターを引き込めませんので最後に行いましょう
以上で準備はほぼ終わりです

あとは配線をしながら装着するだけです
リンクメーターをコントロールする「コントロールユニットU」です

作動に必要なのは常時12V、キースイッチONで12V、イルミ電源、アースの4箇所だけです
ブーストの取出しはここからです

経験上、ホースの真ん中に三又ジョイントを装着しようとすると、バランスチューブ側のホースが潰れてしまいますので、少しだけレギュレター側への装着をお勧めします
ブーストセンサーは下側に空気穴があるので、画像のような状態で取り付けなければなりません

ステーを適当に作製して取り付けました
オイルセンサーアタッチメントを装着した状態です

この付近は危険がいっぱいです

ステアリング関係とターボ関係があり、配線の取り回しに苦労します

私はフェンダー内を通してエンジンルームに引き込みました
配線はコルゲートチューブやタイラップを使用して固定や保護をしましょう

余分な配線は全て車内に引き込んだ方が安全だと思います
最後は私の都合で駆け足の説明でした

申し訳ありません

やはり出来上がりは最高の満足感があります

愛着も湧きます