本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

フロントキャリパの交換caliper exchange

キャリパーを純正(鋳鉄)からBNR32純正に交換します。
最初にブレーキ・ラインの青丸を緩めます。タラタラとブレーキ・フルードが漏れてきますので、オイル・パンなどを下に置きます。キャリパーを外してから緩めると、力が入りにくく、ブレーキ・パイプを痛める可能性があります。
次にブレーキ・ラインを固定している赤丸、キャリパーを固定している黄丸のボルトを外します。黄丸のボルトは相当固く締付けられています。
ブレーキラインはメガネレンチが使用できないため、
フレアレンチの使用をお勧めします。
(07.03.13更新)
ブレーキ・ラインを外し、キャリパーを抜取ります。
ローターはグローバルのビッグ・ローターに交換します。
ローター・キットのブラケットです。
ブラケットを取付けます。
締付けにくいためか、アレン・ボルトが標準です。
キャリパーを差し込み、キャリパーを仮止めします。
キャリパーを固定し、ブレーキ・ラインを取付けます。
最後にキャリパー固定ボルトを増し締めします。
最後にエア抜きを行います。