本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

燃料フィルタの交換fuel filter

燃料フィルタは、10万キロ毎の定期交換部品です。
現在71481キロですが交換します。(興味本位?)
ちなみに、燃料ホースは最初5年、その後4年毎の定期交換部品のようです。(やってない・・・汗)

燃料フィルタの値段は通常\4000オーバーのようですが、知り合いのルートで税込\2830でゲット!

※この作業は、美龍さんのサイトを参考に実施しています。
引火性の高いガソリンを取り扱うため消火器は必須です。
その他、静電気などの発生を抑えるため、制電作業服の着用をお勧めします。

他にガソリンが飛散した場合の対策として、防護メガネもあった方がいいでしょう。
位置の確認です。
赤丸が燃料フィルタで、青丸がヒューズボックスです。

Z32にしては、優しい位置に配置されてます(笑)


燃料フィルタには、通常3キロ程度の圧力が掛かっていますので、これを減圧します。
まずは燃料ポンプを作動させないよう、ヒューズを抜き取ります。

赤丸の部分が燃料ポンプのヒューズ位置です。
カバーを外します。(工具不要)

赤丸が燃料ポンプのヒューズですので抜き取ります。
ロック用のツメを解除しながら引き抜きます。

赤丸がヒューズ位置で、青丸がヒューズです。
リターン側を減圧するため、燃料タンクのキャップを外します。

その後、初爆がなくなるまで数回クランキングを繰り返し、減圧させます。
減圧が確認できたら、いよいよ燃料フィルタの交換です。

赤丸がホースクランプ、青丸がフィルタ固定用のネジです。
緩めて簡単に交換完了〜てな訳ないです(泣)

特にイン側(右側)は力を入れにくく、凄く苦労しました。
やっと外れました。

燃圧が下がってもフィルタ内のガゾリンは取除けないため、しっかりウエスなどで飛散防止に努めましょう。
取付は、極めて簡単です。

全てを元に戻し、キースイッチをONにして燃料漏れがないか確認します。
その後エンジンを始動し、更に注意深く確認します。

しばらくの間は、滲み(にじみ)の有無を確認しましょう。