本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

ギヤポジションモニターの取付gear position

pivotのギヤポジションモニターを取付けます。
2007.5.13現在、Z32は対応車種ではありませんが、ソレノイド信号が取得できれば作動させることができます。(多分)
内容物です。

ソレノイド信号配線一覧表が付属していますが、Z32は記載されてません。
これは整備要領書ですが、ATコントロールユニットの106番と107番がソレノイドのようです。
色々テスターでチェックしましたが、106番と107番で間違いないようです。

付属のソレノイド信号配線一覧表と比較しますと、S13、S14シルビア辺りと同じようです。
配線は至ってシンプル。

赤がキースイッチONで12V
黒がアース
白がソレノイドA(106番)
緑がソレノイドB(107番)にそれぞれ配線すればOKです。
ちなみに橙(オレンジ)は使用しません。

ここでは赤と黒の配線は割愛します。
モニター設置場所を色々検討しましたが、こちらにしようかと。

いわゆる手抜きに近いのですが・・・。
メーターバイザーを外して、配線可能の可否を検討します。

赤丸部分を通せば無加工で行けそうです。

バイザーを取付けても配線が動かせるので、押し潰されてもいなようです。
ATコントロールユニットに配線します。

場所は助手席足元で、画像の木製プレートを外します。
赤で囲ったのがATコントロールユニットです。

ちなみに右の箱がECUです。
赤丸のボルトを緩めてコネクターを抜きます。
コネクターを外したATコントロールユニットです。

赤線部分がソレノイド信号の端子です。
コネクター部分です。

赤丸部分がソレノイド信号の端子です。
コネクターの反対側です。

赤線が106番
青線が107番です。
配線にキズを付けないようにして被覆を8ミリほど剥きます。

剥く位置は少しオフセットさせたほうがいいでしょう。
(07.05.19更新)
付属の金具で確実にかしめます。
それぞれに絶縁テープを巻きます。
再度全ての配線に絶縁テープを巻きます。
元通りに復旧させ両面テープでモニターを固定して、取付けは完了です。

最後に車種別設定を行いますが、Z32はAでOKのようです。