本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

ハザードスイッチの分解・組立4 way flasher switch

DIYデータ

  部品代:約\200(LED)    
外注費:\0
作業時間:1時間(復旧まで)
お勧め度:分解・組立は簡単ですが、電球のLED化
    については、イマイチ信頼性が低いため、
    設置要領に工夫が必要です。
   

DIYレポート

 
ハザードスイッチの表示部分が、ライトオンしたときに点灯しなくなりました。
特に運転に支障がある訳でもないため、放置もアリかと(笑)
本当に点灯するモノなのか・・・と、そこまで疑いつつオフ会などで色々情報収集しました。
やはりライトオンで点灯するらしい(当たり前)
単なる球切れなのか、故障探究が必要なレベルなのか・・・分解するしかないですね。



ライトオンでは画像のような状況です。
夜間にハザードを使用しなければ、このままでも良いような・・・スイッチの場所も分かってるし(^_^;)
しかし、こうゆうところを放置すると、Z32を維持する上で気持ちが揺らぐことになりかねませんから、やる気を奮い立たせて修復に向かいます。



ハザードスイッチの取外しは、クラスタースイッチ電球のLED化を参照してください。
画像のスクリュー2本を外せばハザードスイッチは外せます。



 
コネクターを外せばハザードスイッチが分離できます。



 
ハザードスイッチの分解は、矢印部分に薄くて幅の狭いマイナスドライバーを軽く差し込めば分解できますが、材質が割れやすいため、片側だけを「グイッ」と力業で作業すると損傷する可能性が高くなります。
矢印部分には溝が切ってありますので、反対側と同時に少しずつスライドさせるようにすると壊さず分解できます。
ちなみに私は壊してませんよ(^_^;)



 
壊さず分解できたのは良いのですが、分離させる際、矢印の部品が「ピヨン」と弾かれるように出てきてパニクりました(・・;)
矢印の部品を右側の土台部分(?)に設置して、スライドさせたりしながら、コネクターを差し込む端子で導通を確認します。
回路的には問題ないので、やはり球切れのようです。



 
電球は、グレーのゴム製(多分)部品とともに上方に引き抜けば分離できます。



 
電球は、自ら針金のような配線で固定されています。
その末端が土台部分の上側にあります。



 
これをピックツールなどで画像のように起こします。



 
配線を下側に引っ張ると画像の状態になります。



 
上方に電球を引き抜けば分離できます。
電球をFASTで調べると・・・設定がない(・・;)
ハザードスイッチをアッセンブリ―交換・・・2012年のFASTでも¥4,300ですから、現在(2018年7月)だと¥6,000くらいでしょうか(>_<)



 
少し勉強して、LED化の検討をしました。
では、そもそも電球の電圧は何ボルトなのでしょうかと、配線図と睨めっこ(^_^;)
ハザードスイッチなるモノが見つからず(>_<)
どうやら4ウェイSWがハザードスイッチらしい(・・;)
整備要領書も4ウェイフラッシャースイッチという表記でしたので、自分の勉強不足に自己嫌悪(-_-;)
この配線を基に再度導通チェックしたのは言うまでもありません(>_<)
正真正銘の機能的に問題なしです(^^)v
結果、電圧は12ボルトでOKのようです♪



 
赤などにせず、白で製作(^_^;)
かなり上方に飛び出していますが、高さ的には余裕があったので大丈夫でしょう。
問題は、振動などで損傷しないか心配です。
ここら辺の対策が必要ですが、名案なし(>_<)



 
熱収縮チューブで強度アップ・・・とはならず(-_-;)
少しは「マシ」なレベル・・・かなと。。。



 
とりあえず組み立てます(^_^;)
オレンジの矢印のように、金具が上のまま黄色矢印部分に載せ、下方に軽く押しながら矢印方向に押しつけ、青矢印方向にスライドする部分を押すと「カチッ」とハマる場所があります。
それほどしっかりハマる訳ではないので、ドッキング時は慎重に優しく作業してください(^_-)



 
矢印の方がプラス側ですので、LEDの抵抗側が接続されるように差し込みます



 
LEDの先端部が飛び出しているものの、やはり高さ的には問題なさそうです♪



 
明るさも適度で、色合いも画像よりはしっかり赤くなってますので、LEDの設置要領の信頼性を除けば、なかなかのコストパフォーマンスだと満足しています。