本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

メーターリング&メーターパネルの取付meter ring&panel

メーターパネルとメーターリングを取り付けます

メーターパネルはFALCONのインポートパーツで購入しました

カーボンにクリアー(?)の表面処理が行われています


取り付けは裏側の両面テープで固定します
私が購入したモノだけなのか全てなのか不明ですが、左上の穴は他の3つの穴と違います

このようなところがもう1箇所ありました

安いからOKてことで(笑)
メーターリングはZoneで購入

ABS樹脂クロームメッキ仕様です

さすがにABSだと軽い・・・でも取り付けてしまえば関係ないです
裏側はテーパー状になってます

時々バリがありますので削るなどの処置が必要です

くれぐれも見える部分にキズなどつけないようにしましょう
パネルにリングを装着

なかなか「いい感じ」です♪
小さいリングはパネルの穴にピッタリです
大きいリングは緩めです

パネルとリング、どちらの精度が悪いのでしょう・・・

両方?(汗)
※メータアッシーを取り外す作業は、燃料計&メーター球の交換を参考にしてください

裏からライトで照らし、メーターパネルの穴と純正の表示が合致しているか確認します
裏からも検証します
検証の結果、「O/D OFF」の穴が開いていません
ポンチで穴を開けます
16mmを取り付けて一撃で開けます
穴はキレイに開きました・・・

開きましたが・・・少し亀裂が右上に入りました(涙)
気を取り直して、純正にカーボンパネルを乗せ、リングを仮付けします
穴が合いません(泣)

つまりリングが取り付けられません
ある程度位置決めしてみると、両方の小さい穴が内側に寄り過ぎています

先程亀裂を発生させたので、地道にカッターで削り、ヤスリで整え、合わせてみる・・・を繰り返します
左側も同様に削る、整える、合わせるを繰り返します
位置決めしていくと、先程ポンチで開けた穴も合わなくなってきました

喜んで亀裂が入った部分まで削って整えます
奮闘すること1時間

やっと納得できる仕上がりとなりました

小さいリングをカーボンパネルに付けたまま純正に貼り付けます

結果的に付くようにしか付かない状態です
大きいリングは緩いので厚めの両面テープで固定します
3箇所くらいでいいと思います
小さいリングはピッタリですが一応固定します

こちらは薄い両面テープを使用します
バッチリ仕上がりました〜♪が・・・(汗)
微妙では?


微妙では?


絶対微妙ッ!!
「パッ」と見OK仕様ですが、個人的にも・・・OKです

ディテールを見なければカッコイイです
装着したら更に粗が目立ちません
夜間など無敵です

予算¥10,000以下でこの出来栄えはお勧めです