本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

リアスタビライザーブッシュの交換rear stabilizer bush

リアスタビライザーのブッシュを交換します

スタビライザーの特性上、必ず後輪を両方ジャッキアップしてください(当然リジットラック使用)

まずは位置の確認

ロアアーム(ロアリンク)の下側にぶら下がってる感じです
このような取付状態です

下からか上からか迷いましたが、下のナットを最初に外しました
コネクティングロッドの赤丸をオープンレンチで固定し、青丸のナットを緩めます

反対側も同様に外します

左右とも外したらスタビライザーをコネクティングロッドから抜き、ロアリンク側のナットを外せばコネクティングロッドが外せます
外れた構成部品

一番上側に取り付けられているブッシュ以外は同一の部品番号のようです
一番上側のブッシュは画像左側です

このブッシュだけ上下ともプレートに挟まれています

他の3個は同一部品のはずですが・・・疲れてます
裏側・・・というか上の画像の反対側

やっぱり疲れてます
ブッシュは社外品のウレタンを使用します

極論すると・・・純正より安い(笑)

一応硬度が純正の2倍近くあり、耐熱及び耐水性に優れ、氷点下においてもゴム弾性及び強度を有するという優れものですが、本当かどうか不明です
内径はピタリです

外径は・・・チョイ小さい?
寄せると数ミリ違いますが・・・概ね良好(ホントは微妙)
コネクティングロッドにシリコングリスを塗布してブッシュを挿入し、組み付けます

スタビを取り付ける際、2人で作業した方が簡単です

一人だと泥沼化する可能性があります(スタビサイザーの特性上ね)
取付完了の図

少しブッシュに無理させてる感じですが、これはジャッキアップされているからです(多分ね)
タイヤを設置させれば適正な感じの取り付け状態です