本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

ルーフサイドボディの交換roof side body

DIYデータ

部品代:\25,000程度
外注費:\10,000程度(塗装)
作業時間:2時間
お勧め度:やる気があれば十分可能ですが、壊さない限り作業の必要性なしです(涙)

DIYレポート

自分の不注意でパネルごと落下させ、数年放置していたルーフサイドボディ(以下「ボディ」と呼称します)の交換を行いました
ボディは¥16600(税抜)で、塗装代は¥10000(税込)、更に消耗品代などで合計・・・
¥35000程度かと思われます

ルーフの取扱には十分注意してください(苦笑)
早速分解していきます

赤丸のネジとロックのカバーを外します

ロックのカバーはマイナスドライバなどでコジれば外れます

ネジ付近に亀裂が入っていますが、気にしてはいけません(汗)
赤丸のネジを外します

反対側も同様に外します
画像のようにカバーが外れます
ここら辺の手順は、どうでもよいのですが、まずはウェザーストリップを固定しているネジを外します

画像のような感じにめくれば出てきます
こんな感じです

反対側も同様に行います

ウェザーストリップが古いと、弾力性の低下により切れたりしますので注意してください
ネジが外れたら横に引っ張ってエンドだけ抜きます

触れば判りますが、ウェザーストリップの中に金属が入っていますので、ゴムの上から金属を掴むように引っ張りましょう

反対側も同様に行います
ウェザーストリップが外れたら、赤丸のネジを外し、ボディからリテーナを分離させます
こんな感じです

取り付けられていた穴を見れば判りますが、レバー付近の穴がリテーナ取付けの基準となります
赤丸部分にあるネジを外します

反対側も同様に行います
赤丸がガラスルーフと、青丸がボディと固定されています

全て外します

これでプラスチック部分が外せます
プラスチック部分を外すと画像の状態になります

もう固定しているボルト類はありません

しかし外れません(汗)
画像左側にある部品を外します

接着剤系かブチル系で貼り付いているだけですので、ドライヤなどで温めながら剥がします

反対側も同様に行います
ガラスとボディは、接着してありませんので、少し温めれば分離できます

モール又はグロメットを交換しないのであれば、赤丸のネジを外す必要はありません

私はグロメットを交換するので外しました
こんな感じになります

以後は、既存を参考にしながら新品の部品を取り付けていきます

まずは、ボディの画像下側にあるシールを貼り付けます
コレです
貼り付けて、余った部分は折り曲げます

切り込み部分はボディに沿って切り落とします
エンドキャップとシールです
反対側のエンドキャップとシールです

今までエンドキャップを合計4箇所外しましたが、全て先端側の両面テープ(細長いヤツ)は貼り付けられていません

新車からなのか、誰かが「そう」したのか不明です

ただ、貼付けにはコツが必要ですので頑張ってください(笑)
貼り付けると、こんな感じです
裏側です
上からシールを貼り付けます
反対側も同様に行います
次はプラスチック部分の赤く囲ったシールを交換します
この部分はスポンジ系のシールです
古い部品は経年劣化なのかガサガサで、もうスポンジではないです
しっかり脱脂して貼り付けます
次はコレ

このシールはゴム系です

中途半端な長さの意味は不明です(汗)

コレも脱脂して貼り付けます
んっ?!と思われるでしょうが、グロメットに防水処置をしてモールを固定します

グロメットが古いままなら、モールを後から取り付けられますが、新品のグロメットだと入りにくいです

私は入れられませんでした(涙)
青丸部分で仮止めしながら赤丸のボルトを固定します

その後画像上側の青丸を固定します
サイドの部品に防水処置をしつつ固定します

反対側も同様に行います
リテーナもブチルを貼りなおして防水します

しっかり固定してからウェザーストリップを取り付けます
あとはカバーを装着して、モールエンドのネジを取り付ければ完了です

多分・・・雨漏りするでしょうね(怖)