本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

スタビリンク&ブッシュ&テンションロッドの交換tension rod

ハンドルへの微小な振動を改善するためテンションロッドの交換を行いました。
それに併せて、未舗装路などで発生するギシギシ音を改善するためスタビブッシュとスタビリンクの交換を行いました。

※リジットラック、インパクトレンチ、トルクレンチなどを準備する必要があります。
エンジンアンダーカバーを取り外します。

赤丸のように、タイヤハウス内フレーム下に左右一箇所あるボルトを取り外します。
カバー下側の赤丸のボルトを外せばカバーが取り外せます。
スタビリンク下側のナットを取り外します。
上側は、スタビを取り外した後に取り外します。

ちなみにスタビリンクのナットは再使用不可です。
オープンレンチとメガネレンチを使用して取り外します。
スタビブッシュ(二箇所)のボルト2本を取り外せば、スタビリンクにぶら下がってる状態になるので、上手くスペースを使ってスタビを取り外します。
スタビを取り外したら、スタビブッシュの固定ボルトを1本を取付け、締めておきます。

※テンションロッドが同じフレームにマウントされているため、テンションロッド脱着の際に強大なトルクが掛かり、歪みなど損傷するのを防止のためです。
右が新品、左が使用していたスタビブッシュです。

やはり変形、硬化していました。
使用していたスタビリンクはブッシュがユルユルでした。

ちなみに黄色いペイントは左側という印のようです。
スタビブッシュとスタビの接触面です。

こんなものなんでしょうかね。。。
テンションロッドを取り外しますが、まずはテンションロッドに取り付けられているゴムの風導板がロアリンクに固定されているので、固定ボルトを取り外します。
赤丸と青丸のナットを取り外せば、テンションロッドを取り外せますが、そのとき、ロアリンクの黄丸を緩めてから取り外します。

全て相当高いトルクで固定されているため、インパクトレンチ、ヒンジハンドル、鉄パイプなどを使用します。

ちなみに全てのナットは再使用不可です。
ブッシュ側は、ナットが取り外せてもボルトが抜けません。
テンションロッドのボルトを抜き取るため赤丸のボルトを取り外します。
カバーを下側に開いて抜き取ります。

ちなみに赤丸の裏側がボルトの位置です。
ブッシュ側のナットを取り外しても、ボルトは簡単に抜けません。
真鍮などの柔らかい金属のドリフトとハンマーで、軽く叩いて抜き取ります。
テンションロッドを取り外したら風導板を取り外し、新品のテンションロッドに仮止めします。
7年の歳月で、ブッシュ部分は象の肌みたいになってます。
テンションロッドの取付けです。

赤丸→青丸→黄丸の順で仮締めします。

次に青丸→黄丸→赤丸の順に規定トルクで本締めします。
ちなみに赤丸と黄丸は120N・m、青丸は100N・mのトルクで本締めしました。
あとは逆手順で取付けます。

ちなみにスタビリンクは60N・mのトルクで本締めしました。
スタビブッシュは45N・mで本締めしました。
軽く走行した感じでは、非常にジェントルな乗り心地(曖昧?)になり、今のところギシギシ音も発生していません。
5年5万キロ程度で交換した方がいいかもしれません。