本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

リアワイパーアームの脱着&塗装rear wiper

購入以来、一度も使ってないリヤワイパーですが、なんとも古臭い雰囲気がプンプンしてます

とりあえず試験的に塗装してみます

塗料はアクリルラッカー(汗)

塗りやすく艶も出ますが・・・耐候性は最弱、油脂類にも弱いです
マスキングの手間を考えれば、取り外した方が遥かに楽です(多分)

パカッとカバーを持ち上げ、ナットを緩めます
ボルト部分にラスペネなどの浸透剤を吹きつけ、しばし時間をおきます

ハンマーでボルトを軽く叩きながら持ち上げれば外れます

マイナスドライバーでこじっても傷つける可能性が高まるだけで、お勧めできません
ボディ側はこんな感じです
取り外したワイパーアームからブレードを取り外します
クルッとブレードを約180度回転させます
赤丸部分を押しながらブレードを引き抜きます
こんな感じです
ブレードが取り外されたアームの先端です
軽めのペーパー掛けと脱脂を行い、裏側は軽めにマスキングします(08.4.30更新)
置いて塗装した方が垂れにくいのですが、どうしても置いたときの接地面の塗装がイマイチになりますし、乾くのを待ってられないのでブラ下げて塗装します

とりあえず下塗りの「赤サビ」です
乾いたら上塗りの「黒」です

実際・・・少し垂れました(泣)

ホントはウレタン系がいいのですがね。。。

なぜアクリル系なのか?

それは「そこにあったから」です(笑)
逆手順で組立、取付します

耐候性が心配です

次は頑張ります!!