本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

リアガーニッシュの交換(点灯式)lighting garnish

点灯式リヤセンターガーニッシュの製作を目論んでいましたが、予備部品がないと落ち着いて作業できないのと自身がない事などの諸事情から、個人製作の前期型点灯式を安価で入手し、暫定的に交換後、後日最終型で製作することとしました。
購入した部品は、不点灯時「300ZX」部分がミラー調、点灯時が青く光ります(ネオン管仕様)。

電源は、シガーソケットからで、ヒューズと「ON/OFF」スイッチがソケット部分に付いています。
まずは点灯試験です。
画像ではイマイチですが、実際は点灯部端のような色で全体が点灯しています。
最初にガーニッシュを取外します。
ガーニッシュ裏側の内張りを開放するため、赤丸部分の樹脂製ネジを外します。
十分に手で緩められます。
この内張り部分は、簡単に取外せませんので、「開放」にとどめます。
ガーニッシュ右側の画像です。青丸のコネクターと、赤丸3箇所のナットを外します。
反対側も同様に外します。
画像左側のナットが外しにくいです。
ガーニッシュ真ん中裏側に樹脂製クリップがありますので、ラジオペンチで摘みながらガーニッシュを外します。
ガーニッシュを取外しましたが、普段手入れができないとはいえ、汚れ過ぎです。
今後清掃の機会がいつになるか分からないのでキレイにしてあげます。
右側リヤコンビ裏側のカバーを外した画像です。
ガーニッシュ点灯用電源(スモール連動)を確保するため、電源取出し部分を検討します。
周囲の状況から、画像左側赤丸から取出したいのですが、青丸部分が邪魔なため、右側の赤丸からとしました。
結果的には、左側リヤコンビから取出しました。
電源を取出すための配線を確認します。
ソケットから電球を外し、テスターで電圧チェックすると、赤丸がスモール、青丸がブレーキ、緑丸がアースでしたので、赤丸と緑丸の配線に結線します。
点灯式ガーニッシュの配線の加工です。
電源を直結するので、インバータ(?)から10センチほどのところで配線を切断し、コネクターを付けます。
ソケットを切り離したため、この回路にヒューズがなくなりましたが、気が付かなかったことにします。
ワンタッチコネクター取付用配線にコネクターを付けます。
このときプラスとマイナスが識別できるようにテープなどで目印をすると便利です。
点灯式ガーニッシュを取外しの逆手順で取付けます。
そのあとインバータを画像の位置に両面テープで固定します。
ワンタッチコネクターでスモール電源に接続し、反対側のコネクターとガーニッシュのコネクターを差し込みます。
夜間点灯試験です。

かなりいい感じで雰囲気があります(何の?)

これを見て「別に最終型で加工しなくても・・・」と思ったのは言うまでもありません。