本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

リアストラットタワーバーの取付rear strut tower bar

ルーフが「Tバー」であるため、比較的剛性の低いZのリヤセクションの剛性アップを図ります。
選択したのは防音トリムカバーのオプションがあるということで、東京オート製に決定しました。
加工用のノコギリと取説が同梱されています。
赤○部分を加工します。

※以下の加工に関する説明は、基本的に左側ですが、右側も同様に加工します。
黄色い線を基準に型紙を貼り付け、赤○部分を切り抜きます。
型紙をセロハンテープで貼り付けるため、全体的に脱脂します。
型紙を基準線に合わせて貼り付けたら、油性ペンで大まかにマーキングします。
5_のドリルでマーキングの内側に穴を無数にあけます。
加工部分のプラスチックは、柔らかいので、2、3コの穴をニッパーなどで結合させ、付属のノコギリで切り抜きます。
でもカッターの方がいいかも・・・。
切り抜いた部分です。
マーキングに沿ってマスキングテープを貼り、カッターとヤスリで面を整えます。
角の部分は、できることなら「R」をつけた方が亀裂が入りにくくなります。
これは右側ですが、赤○部分にドリルで傷を付けてしまったので、タッチアップしておきます。
プラスチックの加工クズの掃除をしてから取付に入ります。
ゴムカバーを外します。
工具はいりません。
上方に抜くだけです。
2箇所のナットをソケットレンチで外します。
ナットを下に落とすと大変なことになるようですので特に注意が必要です。

汚れているので併せて掃除しておきます。
ナットを外した状態です。
ここにプレートを取り付けます。
プレートを取り付けた状態です。
仮止めにとどめます。
右側に問題発生!!
赤○部分が干渉してしまいます。

仕方ないのでヤスリで小さい赤○部分を削ります。
バーを仮止めしてから、プレートを固定し、その後バーを固定します。
ここでまたしても問題発生!!
赤○部分がナット取付時に干渉します。
右側は問題なく取付できたのに・・・。
ナットを落とさないように慎重に行いました。

プレートを固定しているナットが緩む心配があるので、タッチアップペイントで回り止めをします。
何とか取り付けできました。
本革トリムカバーを取り付けます。
マジックテープで取り外し可能なのですが、トリムカバーとマジックテープは縫い付けてあるので問題ありません。しかし内装部分には、両面テープで貼り付けますが、両面テープとマジックテープの接着が貧弱で、接着面の保護シールを剥がそうとすると、マジックテープと両面テープが剥がれてしまいます。
この作業は、かなりストレスです。
何とか装着できました。
全体写真です。
高級感と機能を両立していて、今後はリヤハッチを開放する機会が増えそうです(笑)