本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

ステアリングの交換steering

DIYデータ

  部品代:\20,000程度
外注費:\0
作業時間:3時間(色々あって)
お勧め度:やる気があれば十分可能

DIYレポート

エアバック付きのステアリングを社外品のステアリングに交換します
エアバックが交換作業により誤作動しないよう、バッテリのマイナス端子を外します

取扱説明書には10分以上放置と記載されてます
ステアリング横のメクラ蓋をマイナスドライバなどで引っ掛けて外します
反対側も同様に外します
見慣れないボルトがお目見えです

トルクスというらしい
トルクス用のレンチが必要です

サイズは「T50」で、いじり止め対応の中心に穴があるタイプです

結構大きめのホームセンターでも選択肢が狭いです
私の購入したタイプのレンチは、片側にしか穴がないので、エクステンションバーを利用して緩めました

ネジロック剤が使われているので、結構力が必要です
両側のトルクスボルトを取り外すと、ステアリングと分離できますが・・・
当然コネクタが接続されてますので、完全にエアバックと分離できません

まずは赤丸のコネクタを外します(ホーン系統)

次に黄色の配線のコネクタを外しますが・・・このままでは外せません
ステアリング裏側に蓋がありますので、マイナスドライバなどで引っ掛けて外します
蓋を外すと簡単にコネクタが外せます(エアバック系統)
エアバックとステアリングが分離できました
黄色いコネクタを外すと、赤丸のコネクタが外せます

これがメインの配線です
ステアリングの取付ナットを緩めます

サイズは19ミリで、十字レンチを使用します

ハンドルをロックさせて、一人で作業する人もいるようですが、私は近くに居た父にステアリングを押さえてもらって緩めました

素人なのでセンターをずらしたくないのが本音です
ナットは緩めるだけにして、ステアリングを押したり引いたり、右を押して左を引いたり、上を押して下を引いたり・・・を繰り返すと「ガコッ」と抜けます

このときナットが外されていると顔面強打などの危険性が高まるようです

ステアリングが抜けたらナットを外し、ステアリングが分離できます
赤丸はボスキットの穴と合うようになっています

ステアリングのセンターが出ていると、画像のような位置関係になります
赤丸のように合いマークもあります
ワークスベルのボスキットです

モモタイプ、ナルディタイプの両方に対応しているようです(よく解らないですけど)
赤丸部分が上部にくるように取り付けます
コラム側にあったピンとの位置関係を確認します

画像左側と下側にある穴のどちらかにメインのコネクタを通します

私は下側の穴から通しました
こんな感じになります
ボスキットに付属しているハーネスを接続します

黒いモノがエアバック警告灯を消灯させるためのダミーです

白いコネクタがホーンのプラス電源となります
ボスキットにはステアリング取付ナットが付属しています

純正は平ワッシャですが、キットはスプリングワッシャになってます
ステアリング取付ナットを仮締めします

ボス本体は、アルミの鋳物で、加工後の面取りがされていないようです

そのため、配線にキズが付く恐れがあるので、絶縁テープを巻いてからコルゲートチューブで保護しておきました
ボスキット付属のボルトでワークスベル製のステアリングを取り付けます

またしても近くに居た父にステアリングを押さえてもらい、本締めします

トルクは3kgf/mが推奨値です
ホーンボタンにコネクタを差込み、ホーンを取り付けます

ただパチンとはめ込むだけです

エンジンを始動し、エアバック警告灯の消灯とホーンの作動を確認します
上手く装着はできたものの、コラムとボスの隙間が・・・(汗)

何か作業に問題でもあるのでしょうか・・・(涙)