本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

レーダー探知機Radiolocator

 


 




 




 


今回も当然ミラータイプ。
置くタイプはどうも苦手というか、好きになれません。(スマートに置けるところもないような)
今回チョイスしたAR-31RMは、ミラータイプの廉価版であるものの、機能としては十分・・・というか、これ以外は差別化を図るための余分な機能が多過ぎです。
Z32の高さのないミラーにも取付け可能です。
液晶のグレードが良くなり、ドンドン大きくなっていますが、特に必要性を感じませんので、普段は小さいデジタル時計表示にしています。
様々な表示項目が準備され、好みで複数項目をカスタマイズして表示することも可能なようです。
オービスを知らせる画面のときは、個人的に不要と思う映像が流れていますが、オービスまでの距離と自分の車速が一瞬で判れば良いと思いますので、自分の必要な情報のみチラ見しています。
左ハンドル車にも対応していますので、液晶を左側表示になるように取り付ければ自動で対応します。ちなみに私は左側表示で使用しています。理由は走行車線から追越車線に車線変更する際、右側表示にしていると天候や日差しなどの関係で見え難いことが多々あるためです。