本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

ボディサイドウェザーストリップの水路MAINTENANCE

ボディサイドウェザーストリップの機能考察

ただの気づいた事項です。


高価なウェザーストリップ。
2008年12月1日現在¥20,800(片側)です。
Tバールーフ車には雨漏りが付き纏います。
「覚書」程度として綴ります。


画像上側の亀裂
ここはリテーナに密着する部分です。


同じ面には他にも亀裂があります。


Aピラーとルーフパネルの接続箇所。
ここに二つの水抜き穴があります。
この穴の水路はどうなっているのか不明で、別々に水路があると予想してました。


赤丸の穴と、その横の溝。
各々の水路のようです。
が・・・しかし、赤丸はクリップを入れるためだけの穴でした。


ウェザーストリップをカットして断面を見ます。
この大きな穴しか水路がありません。
では・・・二つの水抜き穴は繋がってるのか?


指を突っ込んで確認しました。
確かに繋がってます。
今後の雨漏り修理の際、色々参考になると思います。
漏れマスターとしてレベルアップしたかも〜♪