本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

トップトラブル>クラスタースイッチブラケットの損傷状況

ウインカーの不点灯TROUBLE

クラスタースイッチブラケットの損傷状況

知らないうちに愛車を傷つけている典型的なパターンです(汗)
手間を省けば失うものが増え、得るものは減ります。
簡単な作業でも構造の理解が絶対条件です。


ハザードスイッチの固定用ネジ穴が破損すると、当然ハザードスイッチの固定が甘くなり、
結果的にハザードは点滅していなくてもウインカが点かない事象が発生します
脱着は慎重に行いましょう
ちなみにウインカスイッチの接触を疑うより先に、ハザードボタンを外してみるのが得策です




ハザードスイッチの裏側は、コネクターの取付部となっています
当然、配線を納めるために半ば無理やり取り付けていることが多々あります
ハザードスイッチの裏側にはブラケットの突起を挿し込む穴があります
しっかり穴に挿し込み、位置決めをしてからネジで固定すれば、マウント部の負担が軽減されるはずです