本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

ブレーキシリンダーストッパーの取付けbrake cylinder stopper

DIYデータ

  部品代:ブレーキシリンダーストッパー
    \4,851(税込)
外注費:\0
作業時間:1時間(清掃含む)
お勧め度:特殊工具やコツが必要ないため、私のよ
    うな素人でも十分可能な作業です。


DIYレポート

 
CUSCO(クスコ)製のブレーキマスターシリンダーストッパーを取り付けます。
車体に加工することなく、効果は「ある程度」期待でき、質感と値段もまあまあで、なかなか魅力的な商品だと思います。
色はエンジンルーム内で映えるのですが、塗装が劣化したら色替えしたいところです。



赤丸と青丸のところに設置します。
赤丸はスロットルワイヤーのホルダーで10ミリ、青丸はストラットヘッド部で14ミリです。



スロットルワイヤーのホルダーを外すと、やはり汚れてます。
この機会に清掃します(^-^;



 
スロットルワイヤーのホルダーも脱脂して吹き上げた程度ですが清掃しました。



 
綺麗になりました(^^)v
このような機会がないと、なかなか清掃できませんので良いことなのですが、何かの作業をすると「ほとんど」清掃している気がします(>_<)



 
ブレーキシリンダーストッパーの裏側は画像のような感じです。



スロットルワイヤーのホルダーを上から押さえる感じになります。



 
長さ25ミリのボルトが2本付属していますので、それを使用します。



 
仮止めで固定します。
このとき、マスターシリンダーを押さえるボルトは、抜けない程度に緩めておいてください。



ストラット側も結合させますが、こちらも仮止めで固定します。
各ボルトを少しずつ増し締めして固定します。
その後、マスターシリンダーを押さえるボルトをマスターシリンダーに当たるまで手で回します。
マスターシリンダーを押さえるボルトは下側からしかアクセスできませんので、クリアできるのであればこれ以降の作業は不要ですので固定しちゃってください(^_-)-☆



 
ストラット側のステーを外し、マスターシリンダーを押さえるボルトをナットで位置決めします。
ちなみに両方とも12ミリです。



そして再度ストラット側のステーを取り付けます。
このとき、マスターシリンダーと押さえるボルト先端に隙間がないか、又は強く当たっていないかを確認しながら固定して完了です。