本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

フロントショックアブソーバ−の交換front shock absorber

フロントショックアブソーバ−交換のデータ

    作成日 2020.5.16 
 部品代 ¥69,520(税抜)
スプリング以外新品交換
 外注費 ¥0
 作業時間 2時間(ジャッキアップ・ダウン、タイヤの脱着、スタビライザーのフリー化を除く。)
 お勧め度 ショックアブソーバ−の車体からの脱着は、特に難しいこともなくお勧めですが、ショックアブソーバ−からのスプリング脱着に関しては恐怖が付きまといます。一流メーカーの工具を適切に使用できれば問題ありませんが、安価な無名メーカーの工具を私のような素人が使用すると危険度が高くなります。
基本的にはプロに任せるのが無難だと考えます。

フロントショックアブソーバー交換レポート

 フロントのショックアブソーバーをVer.R用からスタンダードの新品に交換します。
 それに併せてスプリング以外も交換します。
 画像は、基本的に右側(運転席側)となります。
 予めジャッキアップ、タイヤの取外し、フロントスタビライザーのフリー化を行ってください。
 スタビライザーのフリー化については、「フロントスタビライザーブッシュの交換」を参考に、サードリンク部を取り外してください。
 まずはアッパー側の外側2か所のナット(14mm)を緩めます。(個人的な安全対策なので取り外しても大丈夫です。)
 絶対に真ん中のナットを緩めないでください。まぁ「ある程度」は緩みますが、最終的には供回りして取り外せないと思いますが・・・。



  
 ABS関連部品のステーを離脱だせます。



  
 こんな感じで。



  
 ロア側の樹脂製ナットキャップをマイナスドライバーなどで取り外します。



  
 続けてロア側のナット(17mm)を取り外します。



  
 こんな感じで。
 ゴムハンマーなどで軽く叩けばショックアブソーバーが取り外せるはずです。



  
 ショックアブソーバーからスプリングを取り外します。
 その前に、矢印部分あたりにマーキングしておきましょう。これは再組立てする際、アッパーシートの向きなどの手掛かりになります。
 スプリングの取外しは、「リアショックアブソーバーの交換」を参考にしてください。
 ちなみにナットは17mm、軸部は8mmです。



 
 こんな感じで大丈夫です。



  
 反対側もこんな感じで。



  
 ロアシート部もこんな感じで。



 
 新品の右側ショックアブソーバーの部品番号です。



 
 これ、新品の画像なんですが、前回と同様に、先端に何らかの処置がされているようになっています。これが防錆剤なのか、組み込んだ時の回り止めか何かなのか不明です。しかし、ナットを締め込むときに違和感が手に伝わって嫌なので、私はワイヤーブラシで取り除いてしまいます。



  
 こんな感じで。



  
 ショックアブソーバーの新旧比較です。



  
 スプリング以外の全ての新旧部品群です。



  
 ガスケットは毎回こんな感じになってます。少しは動いているということなんでしょうか?



  
 アッパーマウントインシュレーターの上側ブッシュです。



  
 アッパーマウントインシュレーターです。



 
  
 リアと違って原型をとどめているダストカバーです。



  
 アッパーマウントインシュレーターの下側ブッシュです。



 
 スプリング上下部にそれぞれ装着されているゴムシートです。
 見た目は悪いですが、ショックアブソーバ−とスプリングが直接当たっていなければ交換する必要はないと思います。



 
 ロア側の平ワッシャー、ナット、ナットキャップです。



 
 新品の左側ショックアブソーバーの部品番号です。



 アッパーマウントインシュレーター下側ブッシュをショックアブソーバーに挿入します。
 矢印あたりで「カコッ」と軽くはまるような感触がありますので、その位置まで挿入します。ちなみに矢印部分を超えると抜くのに往生します。



 
 アッパーマウントインシュレーターにダストカバーを装着します。



 こんな感じで。



 
 アッパーマウントインシュレーターに上側のブッシュを乗せる?入れる?・・・入れる感じです。



 このブッシュは新品なのですが、新品には見えないですね・・・金属部分が錆びているような。。。
 きっと模様でしょう(笑)



 
 こんな感じになります。
 ショックアブソーバーにスプリングを挿入してから、画像の部品を挿入します。
 ナット類の取付けは、「リアショックアブソーバーの交換」を参考にしてください。



 組みあがったショックアブソーバーを車体に取り付けます。
 アッパー側を通してからロア側を取り付けます。
 スタビライザーをフリーにしていないと、ブッシュ類交換により全長が伸びて取り付けられない場合があります。



 
 アッパー側を固定して、ロア側を固定します。



 
 全輪を設置(いわゆる「1G状態」)させるとショックアブソーバーの先端ナットに結構なクリアランスができます。



 再度アッパー側取付ナットを締め付け、ショックアブソーバーの先端ナットも締め付けます。



 
 以上で完成となります。