本文へスキップ

最終型GCZ32を維持する芝爺の部屋
since 2003.12.1

エンジンオイルドレーンボルトengine oil drain bolt



エンジンオイルのドレーンボルトをCUSCOのネオジムアルミドレンボルトに交換しました。
メーカーの説明では、ボルトの先端部分が4500ガウスの強力ネオジム磁石で、エンジンオイル内の鉄粉を吸着するというのが謳い文句です。
平成一桁の頃に「ペックス」というメーカーからオイルフィルターに装着する同様のパーツがバイク用に販売されていました。現在のバイクは知りませんが、当時はエンジンとミッションのオイルを共有しており、鉄粉が出やすい傾向にあったので使用していました。



 
純正のボルトとの比較です。
先端部分が4500ガウスの強力ネオジム磁石で、ボディはアルミニウム製です。



 
ヘッド部分は純正14mmに対し、12mmとなります。
「強く締めるな」ということかと思いましたが、締付トルクは純正と同様と取説に記されています。
純正並みに耐久力があるのか、定期的に交換すべきなのか・・・とりあえず次のオイル交換で「ある程度」の効果が見えるはずだと思ってます。



 
磁力はなかなかのもので、私が保有する最大のメガネレンチ(22mmー24mm)を持ち上げられました(・・;)



 
装着すると画像のような感じになります。
磁力が強すぎるためか装着するとき、なかなか穴に入らないという(笑)
ホント自分で笑ってしまうほど入りません(;^_^A